熱交換塗料と一般塗料の実験

熱交換塗料と一般塗料の実験結果写真です

天板温度が熱交換 54.5℃ 一般塗料 67.3℃
12.8℃の差(例えると折半の表面温度)
夏場ならもっと屋根は熱くなりますので予測ではまだまだ温度が上がれば
もっと熱交換塗料は温度を下げてくれると思います

缶利用試験 温度比較
                            アルバー工業株式会社提供写真

缶内温度が熱交換塗料 42.8℃ 一般塗料が50.8℃
8℃の差(例えると折半屋根の屋内温度)
断熱材のなどの関係で少し誤差は出ますが温度を下げる効果実証としてはわかりやすい
写真です
その他住宅に使われるコロニアル屋根の場合当社比較ではもっと差が開きました

熱交換塗料 タフコートに 当社の強力防錆プライマー117を使用すれば温度をさげて
屋根の長寿命化が可能です 検討の価値ありです

 

 

 

 

熱交換塗料バナー

 

熱交換塗料Q&A

 

Copyright(c) 2013 熱交換塗料、遮熱・断熱のエキスパート|株式会社エイチエフェクト All Rights Reserved.
消熱という新技術を備えた熱交換塗料であなたの家・会社の省エネ・エコを提案する環境エキスパートのエイチエフェクトです。
屋根や外壁、プールに工場などどこにでも使えます。