遮熱塗料・反射塗料から明確に独立

富士経済のレポート添付 です

遮熱塗料・反射塗料に熱交換塗料が組み込まれていましたが
独立されて分析された記事のようです

熱交換塗料
 
2010年見込 9億円  2015年予測 27億円(伸長率300.0%)
 
熱交換塗料は、太陽からの赤外線を熱交換により、分子の振動という運動エネルギーに変えて熱を消費する。太陽光の反射は軽微なためヒートアイランド現象緩和効果がある。塗装面に汚れが付着しても熱に反応するため効果が持続しやすい。5度-25度では反応しないため冬場の暖房効率低下がなく、5度以下の場合は凍結防止効果を有する。塗装面は屋根、屋上、歩道、グランド、駐車場など様々であり、建築分野以外の用途にも広がっている。

2009年は、世界全体で10万平方m、4.5億円となった。2010年は20万平方mと倍増する見通しである。屋根や外壁、歩道などの建築分野で堅調に拡大しているが、プロジェクターやヘルメット、屋外モニターなど多岐に渡り用途が拡大している。2010年時点では国内展開が中心であるが、今後東アジア・東南アジアで需要が拡大していくと予測される。

富士経済のレポートより 

 

 

 

 

熱交換塗料バナー

 

熱交換塗料Q&A

 

Copyright(c) 2013 熱交換塗料、遮熱・断熱のエキスパート|株式会社エイチエフェクト All Rights Reserved.
消熱という新技術を備えた熱交換塗料であなたの家・会社の省エネ・エコを提案する環境エキスパートのエイチエフェクトです。
屋根や外壁、プールに工場などどこにでも使えます。