施工事例 行政施設 浄化センター 事例  CO2市場取引 企業税制優遇

施工事例 行政施設 浄化センター 事例

熱交換塗料 タフコートは行政などの公共施設にも多くつかわれるようになっています。 熱交換塗料は

開発されて以来、大いに効果を認められ、様々な場所で使われ続けている塗料です。 エコ本来の意味に寄り添った考え方

が高く評価され、既に東京都などでは、区単位での助成金 「地球温暖化防止助成金」の支給対象にもなっています。

浄化センター屋上熱交換塗料施工後状況

浄化センター屋上熱交換塗料施工前状況

 

2013年、青森県、山形県、石川県、福井県、山梨県、長野県、三重県、奈良県、鳥取県、

島根県、 高知県、熊本県、宮崎県の各県で構成され、福井県の西川一誠県知事の呼びかけで結成された県知事連携組織

「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」が税制に特化したした部門として設置し、 地方の視点から

16項目にわたる税制を取りまとめ国に提言をしたそうです。 その中で実現されたのがカーボンオフセット企業に対する

税制優遇だそうです。 今まではカーボンオフセットの商品などを使っても環境問題に熱心に取り組んでいる企業という

アピールをするぐらいしかメリットがなかったんですが、購入費用を「国に対する寄付金」として 損失計上できるようにし、

課税額が軽減される動きがあるそうです。

これからもっと環境を考える提言が行われるといいですね

もちろん 熱交換塗料 タフコートはカーボンオフセット対応商品です

 

 カーボンオフセットは、自らの努力で削減できない企業や個人が温室効果ガスの排出を、 植林などの排出削減の

取り組みを利用し相殺する制度。企業が削減した分をクレジットとして、 相殺を求める企業に売却できる。

環境省が2008年に導入したJ―VERは、国内の植林など で確保された森林吸収量をクレジットとして認証する制度。

 

 

 

 

 

熱交換塗料バナー

 

熱交換塗料Q&A

 

Copyright(c) 2013 熱交換塗料、遮熱・断熱のエキスパート|株式会社エイチエフェクト All Rights Reserved.
消熱という新技術を備えた熱交換塗料であなたの家・会社の省エネ・エコを提案する環境エキスパートのエイチエフェクトです。
屋根や外壁、プールに工場などどこにでも使えます。